【アルビノ】エルフ?天使?アルビノモデルのナスチャが神秘的過ぎる!!


どうも、クルルです!
皆さんは『アルビノ』って言葉を聞いた事ありますか?
先天性の遺伝子疾患なのですが、かなり神秘的な印象を受けました。


今回はこの『アルビノ』について調べてみました。



・アルビノとは



アルビノの概要は下記です。
先天的なメラニンの欠乏により体毛や皮膚は白く、瞳孔は毛細血管の透過により赤色を呈する。


劣性遺伝や突然変異によって発現する。


広く動物全般に見られ、シロウサギやシロヘビが有名である。


ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(特に紫外線)による皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。
また外部から発見されやすく自然界での生存は極めてまれである。


そのため、しばしば神聖なものやあるいは逆に凶兆とされ、信仰の対象として畏れられる。


また、観賞用としても人気がある。なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化した白変種とは異なる。


ヒトのアルビノは医学的に先天性白皮症と呼ばれる。
チェディアック・東症候群 (CHS) 、ヘルマンスキー・プドラック症候群 (HPS) 、グリシェリ症候群 (GS) の合併症として起こる色素欠乏を白皮症に含める場合もある。

引用元:ウィキペディア / アルビノ

白いヘビって珍しくて神秘的ですよね。
ヘビ自体ある地域では神聖な動物であったり、逆に悪魔の使いなどされていたりします。
双頭のヘビなんかも見つかってりしてニュースになっていました。


ヘビは分かりましたが、シロウサギってアルビノだったんですね・・・。
ただの白いウサギだと思っていたのですが、意外に身近にいたという事ですね。


・アルビノのモデル『ナスチャ・クロマヴァ(Nastya Kumarova)』



ナスチャ・クロマヴァ(Nastya Kumarova)

本名:アナスタシア・ジドコヴァ

生年月日:1996年10月29日

年齢:21歳(現在)

出身:ロシアのモスクワ


ナスチャさんは『アルビノ』をマイナスにとらえず、逆にその容姿を活かすモデルの道を選びました。


肌が白く神々しい印象から『エルフの女王』と呼ばれています。


実はナスチャさんは日本が好きなんだとか。
アニメを通じて日本に興味を持ってくれたようです。


日本語の勉強をしており、アニメのコスプレもしているようです。
日本のアニメは凄いなぁと改めて感じました。


ではナスチャさんの魅力的な写真をご紹介します。








ほんとに神秘的な美しさですね・・・。
繊細で壊れてしまいそうな儚さがなんとも言えません。


『エルフの女王』と呼ばれるのも納得です。
ナスチャが日本語話すなんて想像つきませんね。笑


という事でナスチャさんが日本語を喋っている動画ありましたのでご紹介します。




引用元:YouTube vikTORI Japan / アルビノ美少女 ロシア人のモデルにインタビュー! ナスチャ・クマロヴァ


ちゃんと喋れていますね、写真とはまた別の魅力がありました。
そして何より人柄が良さそうなので、ファンもどんどん増えそうですね。


ナスチャさんが今後より一層活躍する事を願いっています!



アルビノの恐怖


調べている内に恐ろしい事もわかりました。


アフリカ南東部(サブサハラ)では、「アルビノ」の体には特別な力が宿る、その肉を食べると特別な力を与えられるという迷信から、臓器や体の一部など売却や食用とする目的で、アルビノの人々をターゲットにした殺人や誘拐が後を絶たない。

上記は『アルビノ狩り』と呼ばれています。


タンザニアではアルビノが生まれる確率が高く、アルビノ狩りの被害が深刻となっています。
彼らにとってアルビノとして産まれてくる事は死刑宣告と同じ事です。


アルビノ狩りが実際にどのような目的で行われていいるのか調べてみました。
以下は記事の抜粋です。
殺されたアルビノの骨や体毛、皮膚から薬などを調合する呪術医は、数万ドル(数百万円)もの収入を得ているという。

手足4本と耳、舌、鼻、性器が“一式”とされ、7万5000ドル(約680万円)の値が付く場合もある。

幸運のお守りや薬の材料にする目的で殺害、遺体を切断し、呪術医に売るケースが後を絶たないことだ。


このような事が行われている事実にショックを受けました。
同じ人間をこのように利用する人がいるなんて信じられませんね・・・。


アルビノ狩りに関わらずぼくたちはこの世界で起こっている色々な事を、もっと知って行かなければならないと感じました。


以上、ここまで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする