妊婦税?!妊婦加算で医療費増額に批判の声!それでも必要な理由とは・・・


どうも、クルルです!
みなさんは『妊婦加算』ってご存知ですか?
もうすでに導入されて数カ月たってるようです!!
今回はこの『妊婦加算』について調べてみました。






・妊婦加算で医療費が高くなる?!



・妊婦加算とは


今年の4月から既に始まっていたようです。
妊婦加算の概要は下記です!!

今春の診療報酬(医療の公定価格)改定で、妊婦が医療機関の外来を受診した際の負担が増えました。妊婦加算という仕組みで、病名や診療科にかかわらず、通常の基本診療料(初診料と再診料または外来診療料)に上乗せされます。

妊婦の支払いは、自己負担3割の場合、初診で約230円、再診で約110円増えます。深夜や休日、診療時間外はさらに増額されます。

引用元:yomiDr./妊婦の外来受診 なぜ負担増?

この『妊婦加算』を知らずに病院へ行って驚かれた人がかなり多いようです。
それと合わせて、妊娠した事で病院へ行く機会が増えるのに金額が上がる事に対して、
『逆に負担を減らすべきじゃないか?』『少子化に繋がる』など批判されています。
妊婦加算を『妊婦税』と言う人までいます。


たしかに、妊婦は体調や精神面で色々負担がかかるし、病院へ行く機会も増えるのにこれじゃあ病院に行きづらくなりますよね・・・。
ではなぜ妊婦に対して負担額が発生するのでしょうか?





・妊婦加算はなぜ必要?


その理由は下記のためです。


女性が受診すると、問診票で、「妊娠していますか」と確認されます。妊婦ならば、おなかの子どもへの安全性を考慮して、どんな検査をするか、どの薬を処方するかを慎重に判断する必要があるからです。

また、流産や死産につながる感染症など、妊婦が特に注意すべき病気もあります。白血球が増えたり、子宮が大きくなったりするなどの変化に伴い、診断が難しくなる病気もあります。

加算は、こうした妊婦の診察で必要となる医師の特別な配慮を評価したものです。

引用元:yomiDr./妊婦の外来受診 なぜ負担増?

これを読むとなんとなく納得はできました。
『妊婦加算』がなんのために設けられたのかは分かりました。
ですが、今回の1番の問題部分は『知らない人が多い』事です。


なぜこのような事態になってしまったのでしょうか?


2年に1度の診療報酬改定という物があり、改定される診療報酬はかなりの数があり全てを説明する事が難しいようです。
今回の『妊婦加算』については、一応報道があったようですが皆の記憶にないのでは意味が無いですよね・・・。


妊娠して色々大変な中で、病院でその事実を知るとなるとカチンとくるのは仕方がないと思います。


『妊婦加算』については、明らかにメディアへの露出が少なかったのではないでしょうか?
これはしっかりと報道するべき内容だと思うのですが、今後この『妊婦加算』はちゃんと周知されるのだろうか・・・。



※最近話題のニュースはコチラ!! 【写真有】義足の美女キアラ・ボルディ〜ミスイタリアに出場し中傷される〜

Ajuってだれ?アスペルガー(サヴァン症候群)の絵描き?どんな絵を書くの?!

柔道選手ダリア・ビロディドがもはや2次元レベル!!モデル顔負けの容姿!

元KARAのク・ハラが彼氏を暴行?!ハラ入院!暴行内容が・・・。笑

吉澤ひとみのひき逃げ動画!!制止を振り切り逃走、閲覧注意。



・まとめ


2018年4月より妊婦加算で妊婦の医療費負担が増加しました。 この事を知らない妊婦が多く問題となっています。


この妊婦加算が設定された理由は、妊婦や胎児への影響を考えた特別な配慮に対しての負担額として設定されたようです。


妊婦加算は診療報酬改定にて新しく作られたのですが、メディアでの報道があまり行われなかったようで知らない人が続出しているとの事です。


凄い大切な事だと思うのですが、今から大々的に宣伝する可能性は低いと思われるので、
この先も知らなかったという人が出てきてしまうと考えられます。


どうにかできないんですかね・・・。


以上、ここまで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする