中古住宅の購入注意点その1

どうもクルルです!
それでは今回は、実際に中古住宅を購入してから気になった点をお話したいと思います。
雪問題の項目があり関係無い方も多いかと思います、すみません!(´・ω・`)
ピックアップした項目は少し観点がズレているかもしれませんが読んでいただければ幸いです!笑





・注意してね!その1 雪捨てはどこにするんだよー!


ぼくは現在北海道に住んでおります。 引っ越してまず困ったのが雪の捨てる場所でしたね。実家は融雪槽があったのでそこに捨てるだけで済んでいたし、前はアパートだったのでそこまで困りませんでした。
今回は戸建てで住宅街、、、一体どこに雪を捨てればよいのだろうか??


『誰か助けて下さーい!』状態でした!笑


そこで引っ越しのご挨拶がてらご近所さんは雪をどう処理しているのか聞いたものを下記にまとめます。


  • ちょっと離れた所に広い畑があるそうで、畑の持ち主さんのご行為でそこに捨ててよいらしい。
が、マイホームからは遠いのでダメでした。


  • 排雪業者を召喚する。
調べたらなんか1万ぐらい掛かるようでやめました。


  • 融雪槽を使っているよ。
これねーあったら楽ちんですよね確かに!で使って良いんですか??うんいいよ!ってことにはならないのでダメ。笑


んーどれも嫌だ!笑
ってことで、あまりやりたくなかったけど敷地内に収められるだけ雪を積んでいました。
子どもがスキーの練習ができるくらいの雪山が窓の外にできて景色もへったくれも無い状況でした。笑
いっそ道路に捨ててしまおうかと思いましたが、
引っ越しそうそう雪捨てでご近所トラブルはいやよー!!
融雪槽買おうか検討中!
でも100万くらい掛かるみたいですねー悩ましい融雪槽ちゃん。
もし買うことになったら記事にしますね!


ご近所さんは除雪機(あの赤いやつ)を持ってる方が多い印象でした、最近流行ってるのかな?
ちなみに値段は30万ぐらいでした!でもまぁ、雪捨てる所だよねまず、、、。笑


ということで、雪の捨てる場所は事前に確認しておくほうがよいと思います。





・注意してね!その2 家の状態をよく確認し、改善できる所があれば交渉です!


ぼくはこれを怠り少し苦労する羽目になりましたー( ;∀;)
やっぱり、時間に余裕があればゆっくりしっかりチェックした方がいいですね!
購入前だったらおかしな所を無料で直しもらえる場合が多いので。
例えば塀の塗装にひびが入ってるとしたら、『ここ直しくれたら、この家に決めちゃおうかなぁ〜』みたいな!笑


ちなみにぼくは少しでも早く住みたかったので塀にひびがあったのと、
家中の網戸の網が破けていたのに気づいていましたが交渉するという考えがスッポ抜け購入決定してしまいました。
人生で1度の大きな買い物で駆け引きしないなんてもったいない、、、後悔です( ;∀;)
なので皆さんはつつける所があれば、遠慮なくつついて行きましょうー!!笑 ( ´∀`)σツンツン


未だに塀はひびがはいってます、早くなんとかしたいのですが塗装代って結構かかるので自分で塗ろうか迷い中です(^o^)
もし塗るようであれば記事にしたいと思います!
只今DIYに興味深々です!


網戸は全部張り替えると10万近くかかるみたいだったので、自分で張り替えました!
どんだけお金かけたくないんだおれ!笑


難しそうなイメージでしたが、実際は簡単に出来たので頼まなくて正解でしたね!
皆さんも網戸の網を取り替える際は自分でやる事も検討してみて下さい!
網と網を挟むゴムとゴムをはめ込むコロコロがあれば出来ます、安いよ!←適当。笑



※ここで1つ注意です。

皆さんは網の色ってグレーですか?
ぼくはこの時ホームセンターに行って初めて黒の網を見ました、そして買いました、失敗しました。笑


何がダメだったかと言うと、網戸越しの風景がかなりクリアに見えるのです!
視界、オールクリア!的な。笑
外からも中からもよく見えるという代物でした、、、。
夜見ると網が夜の暗さと一体化して、ステルスモードになります。
なんかはたから見たら網戸せずに窓全開にしているように見えると言う、、、。笑


開放感を求める方にはよいかと、、、。


皆さん気を付けてくださいね!笑


今回はこのあたりで終わりたいと思います。
次回も引き続き気を付けて頂きたい事をお話したいと思います!
ここまで読んで頂きありがとうござます!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする