ド素人がレンガ、タイル敷きをしたら上手くいくのだろうか?

どうも、クルルです!
前回は荒れ放題の庭を更地にしたところまでお話ししました。
今回はめんどくさがりでかつ知識がないど素人が適当にタイル、レンガを敷いていくお話です!笑
それでは宜しくお願いします\(^o^)/





・ド素人のレンガ・タイル敷き!


更地にした庭を見ていると、199X年の荒れ果てた大地を思い出しました!笑
さて、この荒れ果てた大地をどうしようか、、、。
ぼくがまず思ったのが


・子どもが遊べるスペースが欲しい!
・庭でバーベキューがしたい!
・庭でひなたぼっこしながら読書がしたい!


です。
住宅街なので、子どもが道路で遊んだりしてると心配になるのでこれは必要かなと。
あとは庭で家族でバーベキューとか憧れます☆
ベンチとか置いて日向ぼっことかいいよなぁ〜なんて思いました。(*´ω`*)
子ども用にブランコとかも考えましたが、庭の広さ的にちょいきついのとやり過ぎだなと思い断念!笑



・タイル敷き・レンガ敷き


なんにするにも、まずは地面をなんとかしなければとタイルを敷く事にしました。
実は庭を更地した時に、土の中にタイルが潜んでいました。
飛び石状に配置された足場だったものがいつのまにか土に埋もれていたのでしょう。
結構な枚数を掘り当てていたので流用する事にしました!笑
節約大事!
あとレンガの小道は外せない!(`・ω・´)
レンガの小道は、庭をイメージした時に真っ先に頭に思い浮かんだのと、レンガを並べてみたいという欲求に支配されていました☆笑


と言うことで敷く前にやり方を調べてみると結構な手順があり大変そう、、、。


ざっと説明するとー


まずタイルやレンガを敷く場所の土を掘ります!
この時にタイルの下に砂利と砂を敷く事でしっかりと地盤を固める事が出来ます。
その分も考慮して土を掘ります、砂利の厚みは約3〜5cm、砂の厚みは約2〜3cmです。


掘ったら水平になるように仕上がりの高さに合わせ、水糸を水平に貼ります。
よく工事現場とかで見るアレです!
地面をならすのにトンボとかガーデニングトントンなるものがあると楽チンです♪♪


次に、砂利を敷く前に雑草対策として防草シートを敷きます。
防草シート、砂利、砂の順番で敷き終わったらやっとタイルを敷いていきます。


これが推奨されるやり方みたいですね!、、、って、めんどくさ!(#`Д´)ノノ┻┻
こんなんやってたらストレスで老けこんでしまう!
そうぼくは思いました。笑


水糸を張る?はぃ?そんなん無理っしょ!(´・ω・`)
防草シート?一生草が生えてこなくなるわけじゃないからいらなくね!?(`・ω・´)
砂利と砂?知らんわぁ!\(^o^)/


てな具合で、推奨される工程をことごとくすっ飛ばし、地面をならして敷くだけ作戦を決行しました!笑


手抜き作業によってこの先懸念される問題点は、

・砂利と砂で地盤が固定されていない事により、タイルやレンガがデコボコしてくる。
・防草シートを敷いていない事により、雑草が生えてくる。


工程を守って実際にやってみました!はネットでも結構ありますが、
工程を無視して手を抜いてみました!はあまりないのでぼくが生け贄になって随時経過報告して行きたいと思います☆(*´∀`*)笑
これから作業するかたで、手を抜くべきかの判断材料になれば幸いです!


・その後の経過

庭の完成が5月末で、現在8月なので3ヶ月立ちました。 雑草がちょこっと生えたくらいです、タイルやレンガのデコボコもまだ出ていません、 まぁ3ヶ月だとこんなものですかね! 進展ありましたら更新していきますね\(^o^)/





・完成お披露目!



タイル・レンガの他には、木のぬくもり的なものを求めてタイルやレンガの横っちょに、バークチップ(木の破片)を散りばめました。
レンガとバークチップの相性はかなりいいですよ☆


タイル敷きがなかな辛かったので、余ったスペースはさらに手抜きのジョイントタイル、ピンクの砂利を配置しました!!笑


言葉で説明しても分かりづらいので実際に見て頂きたいと思います。
しょぼくて恥ずかしいですがご覧ください!(*´ω`*)




タイルの間にある謎のバークチップスペース気になりますか?笑
ここに水道メーターがあってタイルが敷けなかったんです!笑

タイルの一部青いのあるの気になりますか?笑
庭に元から埋まってたタイルだけじゃ足りなかったからだよ!笑
同じようなタイル探したけど見つからなかったんだよ!(´;ω;`)
ペンキで塗ろうか迷い中・・・。
ちなみにタイルは1枚200円程で売っています!






念願のレンガの小道です!笑
ただイメージしていたレンガとは違う物を買ってしまってちょっとショック↓↓
ほんとはレトロな渋いレンガがよかったのですが、安さに目がくらんでしまいました(´・ω・`)
レトロなレンガは1個200円以上で、ぼくが買ったのが98円でした。
レンガは合計で100個程購入しました、この小道だけで100個ぐらい使ってます!
パッと見100個あるようには見えないですね(*´ω`*)
う〜ん・・・10,000円ケチらなければよかったかな(´・ω・`)


砂利は10kgで450円ぐらいでした。
たしか40袋ぐらい買った気がします!
砂利薄く敷いてもこれぐらい必要です、砂利はとにかく沢山必要だという事だけでも覚えておいて下さい!!笑


バークチップは50Lで4,000円ぐらいでした。
この庭で15袋ぐらい使ってます。
こっちも薄く敷いても結構な量使います・・・。






この薄茶のジョイントタイルですが、注文したあとに気づいた事が1つ。
人工木を選んだと思ったら、間違って天然木を購入していましたー!(´・ω・`)
イメージ的に天然木の方が腐りやすい気がしていたので人工木の方がよかった・・・。


そしてそもそもこのジョイントタイルの用途が、ベランダ等のコンクリートの上に敷くのを想定しているようで土の上に直に敷く人はネットで探してもいませんでした!!( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
なのでこちらもぼくが生け贄になって実験しようと思います\(^o^)/
題して『天然木のジョイントタイルを土の上に直敷きしたらどれくらいもつのだろうか?』笑
ちなみに値段は27枚セット6,800円を2個注文しました。


・その後の経過

庭は5月末に完成し、 現在8月となり約3ヶ月立ったのですが、特に変化はなく綺麗な状態を保っております☆ 大雨が降ったりしたのですが今の所全く問題ないですー♪♪ 何か進展あったら随時更新して行きますね!


最後に



以上、ド素人の手抜き庭造りでした!
今後の経過が気になる所ですね(´・ω・`)
雑草は抜けばいいですが、タイルやレンガがデコボコしてきたら直すのしんどそうですね・・・。
あまり考えたくない!笑


では今回はここらへんで終わりたいと思います。
ここまで読んで頂きありがとうございます!
次回も宜しくお願いします!\(^o^)/
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする